派出看護婦・女中・派出婦・家政婦

秋田県,1967,「中山善三郎連載対談 三浦看護婦家政婦紹介所長三浦清野氏」『あきた』秋田県,57: 54-57.

秋田魁新報,1951,「未亡人の求職開拓――家政婦派出婦会出来る」『秋田魁新報』1951年12月22日朝刊: 4.

朝日新聞,1951,「全く引っぱりダコ――最近の家政婦看護婦」『朝日新聞』1951年12月13日夕刊: 2.

朝日新聞,1956,「未亡人に職を与える――中旬頃完成 家政婦育成補導所」『朝日新聞』1956年9月7日朝刊: 12.

高木督夫,1961,「主婦労働の問題点」『月刊社会教育』5(7): 国土舎72-77.

「現代奥さま気質を裏から見れば――売れっ子家政婦さんが覗いたアチラの奥さんコチラの家庭」『婦人生活』1978年5月214-216.

畑ちず子,1955,「女中の需給状況と労働の実態」『婦人と年少者』婦人少年協会,3(8):17-18.

平井省三,1982,「1.職業総会事業資料綴(資料解説—戦前の資料をめぐって)」『婦人労働と資料』婦人関係等資料収集委員会,5: 8-16

飯尾勇,1991,『丸八の道』丸八看護婦家政婦紹介所.

石谷閑子,1986「派出看護婦,家政婦の立場から見た老人介護と労働者派遣法問題」『婦人労働』11: 95-102.

岩見照代監修,2016,『「婦人雑誌」がつくる大正・昭和の女性像』22(職業1),ゆまに書房.

岩見照代監修,2016,『「婦人雑誌」がつくる大正・昭和の女性像』23(職業2),ゆまに書房.

嘉悦孝子,1907,『主婦と女中』金港堂書籍.

亀山美知子,1984,「戦争と看護婦」『歴史評論』407: 55-68.

神奈川県看護婦家政婦紹介事業協会,1973,「創立二十周年記念協表彰者名簿」

神奈川県看護婦家政婦紹介事業協会,2001,『創立50周年記念式典(パンフレット)」.

看護史研究会,1983,『派出看護婦の歴史』勁草書房.

古賀イツエ、中野千代子、檜佐まさ子,1962,「家政婦」『暮らしの手帖』65: 174-183.(座談会)

雇用問題研究会,1951,「有料職業紹介事業の改正をめぐって――家政婦の職種指定など」『職業安定広報』雇用問題研究会,2(12): 26-28.

雇用問題研究会,1953,「有料職業紹介事業の実態を探る」『職業研究』雇用問題研究会,7(8): 22-34.

九州日報社,1934,「某大官と重役――その主人に奪われた女中の『処女』」『九州日報』1934年5月278日(朝刊).

森美代子,1972,「家政婦点描」『靖淵』15: 37-46.

中島寧綱,1988,『職業安定行政史』社団法人雇用問題研究会.

日本看護歴史学会,2004,『日本の看護のあゆみ――歴史つくるあなたへ』

日本民営看護家政連合会,1983,『民営だより――日本民営20周年記念号』日本民営看護家政連合会.

日本民営看護家政連合会,2003,『民営だより――日本民営五十周年記念号』日本民営看護家政連合会.

日本民営看護家政連合会,2008,『民営だより――日本民営四十五周年記念号』日本民営看護家政連合会.

日本民営看護家政連合会,2013,『民営だより――日本民営五十周年記念号』日本民営看護家政連合会.

日本看護婦家政婦紹介事業連合会,1992,『蘖—創立35周年記念』日本看護婦家政婦紹介事業連合会.

日本看護婦家政婦紹介事業連合会,2008,『樹林—創立50周年記念』日本看護婦家政婦紹介事業連合会.

日本臨床看護婦家政婦組合連合会,1960-61,『昭和35(-36)年度定期総会議案』日本臨床看護婦家政婦組合連合会.

日本臨床看護婦家政婦組合連合会,1964,『15周年記念総会議案』日本臨床看護婦家政婦組合連合会.

日本臨床看護婦家政婦組合連合会,1965-69,『昭和40(-44)年度定期総会議案』日本臨床看護婦家政婦組合連合会.

日本臨床看護婦家政婦組合連合会,1966-2000,『昭和41(-平成12)年度定期総会会議案』日本臨床看護婦家政婦組合連合会.(計35巻)

日本臨床看護家政紹介事業協会,1970-2000,『昭和45(-平成12)年度臨時総会議案』日本臨床看護家政紹介事業協会.(計31巻)

日本臨床看護家政紹介事業協会,2002,『社団法人日本臨床看護家政紹介事業協会創立35周年記念誌』.

日本労働研究機構,1991,『民営職業紹介事業による中高年の転職と転職と転職後の職場適応』日本労働研究機構.

新潟毎日新聞社,1931,「後妻にするとて女中と関係を結び正妻を迎えたことから女中に暴れられ――前借金横領の訴えした沸々親爺縮み上る」『新潟毎日新聞』1931年8月4日(朝刊).

岡部忠昭,1999a「早めに請負事業に転換して家政婦の介護ノウハウを活用することが必要――労働省職業安定局民間需給調整事業室室長補佐戸ヶ崎康文さんに聞く」『財形福祉』,25(7): 20-3.

岡部忠昭,1999b「家業ではなく事業としての多角経営が求められている――(社)全日本民営職業紹介事業福祉協会常任理事藤田和雄さんに聞く」『財形福祉』25(9): 32-5.

岡村清子,2003「介護労働とジェンダー――家政婦とホームヘルパーの統合化に向けて」『経済と社会――東京女子大学社会学会紀要』31: 1-25.

大分合同新聞社,1958,「女中さん なぜなりてが少い 自由な時間が少い 待遇はよくなったが」『大分合同新聞』1958年3月28日(夕刊): 2.

大分合同新聞社,1958,「女中さん ある傭主と女中の場合」『大分合同新聞』1958年3月28日(夕刊): 2.

労働省婦人少年局,1952,『派出看護婦の実情』労働省婦人少年局.

労働省婦人少年局,1959,『住込家事使用人の実情』労働省婦人少年局.

労働省婦人少年局,1959,『定年制度及び退職一時金制度における男女差の実情

労働省婦人少年局,1961,『通勤家事使用人の実情』労働省婦人少年局

労働省婦人少年局,1962,『男女同一賃金についてのアンケート結果』労働省婦人少年局.

労働省婦人少年局編,1965,『家事サービス職業訓練教材 上巻』労働省婦人少年局.

佐々木拓也,2002,「戦前期『日雇労働紹介』と失業救済土木事業——大磯町臨時職業紹介所の設立・事業展開に即して」『大磯町史研究』大磯町,14: 1-30.

清水美知子,2004a「1950~1960年代における<女中>イメージの変容――『家事サービス職業訓練』『ホームヘルパー養成講習』をめぐって」『関西国際大学紀要』5: 91-110.

清水美知子,2004b『<女中>イメージの家庭文化史』世界思想社.

総務庁行政監察局編,1997『介護労働力の確保と介護労働者の福祉のために』.

豊岡麗,1986,『改訂家政婦読本』日本図書印刷(初訂:豊岡サイ,1958,『家政婦読本』.)

豊原又男,1932,「職業紹介所の機能を発揮するには」『社会事業』中央社会事業協会,16(3): 15-22.

渡辺為弥,1955,「女中という職業――雇う人と雇われる人に」『婦人と年少者』『婦人と年少者』婦人少年協会,3(8):19-20.

読売新聞,1953,「女中さん払底――”奉公”嫌うアプレ気質――求人側も虫がよすぎる」『読売新聞』1953年3月11日(朝刊): 8.

読売新聞,1953,「勉強したい―だが女中の身、余暇がない」『読売新聞』1953年3月22日(夕刊): 3.

読売新聞,1953,「足りぬ常識――”田舎出の女中”の悲しさ」『読売新聞』1953年4月26日(夕刊): 3.

読売新聞,1953,「辛い女中奉公――コキ使って暇もくれぬ」『読売新聞』1953年8月28日(夕刊): 3.

読売新聞,1954,「多い遺家族、未亡人――農村の不況から出稼ぎもふえた 職安登録者なら身分は確実」『読売新聞』1954年1月28日(朝刊): 5.

読売新聞,1954,「女中の勉学――内証で通信教育受ける」『読売新聞』1954年7月1日(夕刊): 3.

読売新聞,1954,「女中さんやぁーい――高給取りより間接支給を 大森職安の調べ」『読売新聞』1954年9月4日(朝刊): 8.

読売新聞,1954,「女中、住込み店員ヤーイ――地方の出稼ぎ まず新潟三職安と提携、受入れ(飯田橋職安)」『読売新聞』1954年9月23日(朝刊): 8.

読売新聞,1954,「”薄給”と虐待――いっそ職をやめ女中に」『読売新聞』1954年10月13日(夕刊): 3

読売新聞,1954,「秘密持つ女中――主人は浮気後冷たい態度」『読売新聞』1954年10月27日(夕刊): 3.

読売新聞,1954,「いっそ養女に――しかる両親、いばる女中」『読売新聞』1954年11月18日(夕刊): 3.

読売新聞,1954,「売春を強いられる女中――店を出たいが?」『読売新聞』1954年11月21日(朝刊): 6.

読売新聞,1955,「女中志望の娘――上京したいが方法は?」『読売新聞』1955年3月18日(夕刊): 5.

読売新聞,1955,「月給1800円――女中になって2年半」『読売新聞』1955年6月9日(夕刊): 3

全国民営職業紹介事業協会,1988,『民営職業紹介事業における事業者及び求職者に関する調査報告—看護婦・家政婦』全国民営職業紹介事業協会.

全日本労働総同盟,1967,「ある職場の表情57――田園調布派出看護婦家政婦労働組合の巻」『同盟』107: 68-73.












© Saso Tomohisa 2015